複合フローリングと無垢材どちらがいい?特徴・メリット・デメリット新着情報一覧

複合フローリングと無垢材どちらがいい?特徴・メリット・デメリット

2022.06.17

フローリングのリフォームはフローリングの材質によって費用も機能性も大きく異なります。

一般的に複合フローリングと無垢フローリングでは無垢材の方が風合いも良く機能面としても優れている一方で費用が高いというデメリットもあります。

 

ここでは、フローリングリフォームする際の複合フローリングと無垢フローリングそれぞれの特徴についてご紹介します。

 

複合フローリング

 

複合フローリングは合板に木目を印刷したシートまたは薄くスライスした木材を張った床材で、一般的な住宅で広く普及しています。

 

複合フローリングにリフォームするメリット

複合フローリングのメリットは無垢材に比べて費用が安い点です。

また、複合フローリングは合板が熱や乾燥による影響をうけにくいため、反りや狂いが生じにくいというメリットがあります。

防音機能がついているタイプもあり、集合住宅でのリフォームに向いています。

 

複合フローリングにリフォームするデメリット

複合フローリングのデメリットは塗膜が厚いため吸湿性が劣る点、経年劣化により表面の塗膜が剥げてくる点、本物の木の肌触りは感じにくいという点です。

 

無垢フローリング

無垢材のフローリングは木材そのものです。

樹種により色も木の柔らかさも異なり、木によっては足を包み込むような優しい肌触りを感じることができます。

また、経年による色の変化も楽しむことも可能です。

 

無垢フローリングにリフォームするメリット

無垢フローリングのメリットは自然素材ならではの風合いです。

無垢材の床はナチュラルな雰囲気になり、肌触りも良いため足に優しく、吸湿性があるため住む人にとって快適な床材です。

 

無垢フローリングにリフォームするデメリット

無垢フローリングのデメリットは費用が高い点です。

また、自然の木材のため、湿気や乾燥の影響を受けやすく反りや割れが発生しやすいというデメリットがあります。

防音性が認められていない為、マンションのリフォームでは使用できない場合があります。

 

大阪でリフォームするなら大阪エリアで営業しているリフォーム業者がおすすめ

フローリングリフォームについてご紹介しました。

大阪エリアでフローリングのリフォームをする場合、同じ大阪エリアを施工エリアとし長く営業している業者に依頼するのがおすすめです。

 

地域密着型のリフォーム会社であれば万が一トラブルがあった場合にでも小回りが利きますし、急な修理・補修工事などもすぐに対応できる可能性が高くなります。

 

リフォーム会社を探す場合にはまずは大阪エリアに絞って探してみると良いでしょう。

大阪市東淀川区でリフォームなら有限会社谷垣工務店にお任せ下さい。


会社名:有限会社谷垣工務店

住所:〒533-0015 大阪府大阪市東淀川区大隅2-7-35

TEL:06-6195-6408 
FAX:06-6195-6418

営業時間:8:00~19:00

対応エリア:東淀川を中心に大阪全域 その他の地域の方もご相談下さい。

業務内容:内装リフォーム・水周りリフォーム・エクステリア・屋根・外壁・太陽光・新築・増改築・耐震・店舗改装
その他の建設業全般に対応しております。お住まいの事なら、お気軽にお問い合わせください。

問合わせ