キッチンのリフォーム前に抑えておきたいこと新着情報一覧

キッチンのリフォーム前に抑えておきたいこと

2019.06.28


せっかくキッチンのリフォームをするなら、「使いやすさ」を重視したいという方が多いでしょう。

よりよいキッチン選びをすることによって、生活の質を上げることができます。

キッチンリフォームは自由度が高く、最新のキッチンに入れ替えるだけで完了するリフォームもありますが、

既存のキッチンのレイアウトを大幅に変えることもできるので、それぞれのご家庭に合ったキッチンを作ることができます。

そんなキッチンリフォームですが、失敗のリスクが大きいことも否めません。

リフォームには時間やコスト、準備がかかりますので、きちんと中身を考えた上で決めることが必要です。

 

キッチンリフォームを検討している場合

何を優先させたいのか、コストはどのくらいかかるのか、形状は何がいいかなどをはじめに決める必要があります。

水回り商品などをリニューアルする場合には何かとトラブルも生じやすいものです。

これを避けるには、予算を業者に伝え事前に問題ないか検証しておくこと非常に大切です。

 

キッチンや浴室等の水回り関連をリニューアルする場合

どこまでを工事範囲とするかなどにより金額も変動します。

要望に見あったものになっているのかどうかの見極め判断も大切です。

キッチンをリフォームする時に重要なのは作業導線とキッチンサイズが体に合っていること、

そして収納の位置をしっかり考えることです。

キッチンが使いづらい感じた時はまず、作業動線を見直すことが大切です。

作業動線とは、作業をする方の動きを示す線のことを指します。

作業動線が短いほど、無駄な動きをする必要がなくなり、キッチンは使いやすいようになります。

 

無駄な動きを無くすためには

例を出すなら冷蔵庫とシンクを近い場所に置くなどして、作業動線を短くできるように工夫することが必要です。

また、キッチンサイズを使用する方の身体のサイズに合わせて選ぶことも重要です。

大きすぎたり、小さすぎたりしてサイズがあってないキッチンだと、作業動線が長くなり使いにくくなります。

キッチンはより動きやすく使いやすくリフォームする事が大切です。

その時の目安として冷蔵庫とシンクとコンロの三つの点を結んだ合計が510cmであることがよいとされています。

現在のキッチンで、この510cmの配置ができなくても、

リフォームの場合は大胆なレイアウトの変更もできるので、この配置を意識して設計する事もできます。

キッチンでは調理のしやすさ身のこなしのしやすさを考えてリフォームした方が後々楽になります。

そのためには冷蔵庫、シンク、コンロの配置が非常に重要になってきます。


問合わせ