美観だけが目的じゃない。外装メンテナンスの本当の意味とは?新着情報一覧

美観だけが目的じゃない。外装メンテナンスの本当の意味とは?


汚れ?デザイン?外装メンテナンスの動機と時期

「外壁の汚れが気になる」「デザインが古めかしい」など、外装のメンテナンスを考える最初のきっかけは「見た目」の問題かもしれません。しかし、そうした表面的な関心事よりも、外装の劣化が招く建物の傷みにこそ注意が必要です。

一般的なメンテナンス方法である外装の塗り直しを中心に考えてみましょう。塗り直し時期については立地環境や外装の種類によって多少の違いはありますが、新築後なら10年前後と言われています。目に見える傷みがないからとメンテナンスを怠っていると、外装の劣化箇所から雨水が入り込んで建物を傷めていることも。

そうなると、もう「見た目」だけを気にしている場合ではありません。

雨漏りしてからでは遅い!メンテナンスは「予防」の視点が大事

外装塗装の一番の目的は風雨から建物を守ることです。外壁に小さな亀裂が見られても「雨漏りしていないから大丈夫」と考えがちですが、ほうっておくと亀裂から入り込んだ雨水が時間をかけて木部に浸透して壁の歪みを引き起こし、さらに亀裂を大きくしたり土台を腐らせたりします。

見えにくい屋根塗装の塗り直しについても外壁と一緒に行うほうがよいでしょう。防水性能を保つ外装メンテナンスには建物被害を未然に防ぐ「予防」の視点が不可欠。室内に雨漏りが生じて慌てた時には、すでに屋根の防水シートや下地板などの木部に水が浸透していて修繕コストが余計にかかってしまうことに。また、合理的な視点でも、修繕工事に必要な足場を組む手間と費用が一度で済むというメリットがあります。

防水だけじゃない。遮熱・断熱効果で冷暖房効率アップも

外装塗料にはアクリル系からウレタン系、シリコン系、フッ素系塗料というように、塗料に含まれる主な樹脂成分によってさまざまな種類があります。一般的には、価格は耐用年数に比例するので、低価格のアクリル、ウレタン系は長い目で見ると割高になるケースも。塗料選びの際は初期費用だけではなく、耐久性の確認と次のメンテナンスまでの期間を考慮しましょう。

また、防水や防汚といった基本的な機能のほか、プラスの機能として遮熱・断熱効果を得られる塗料もあります。遮熱塗料は主に屋根に用いられ、太陽の光を反射し屋根面の蓄熱を防止するので、小屋裏空間のない構造の住まいなどに有効。断熱塗料は空気層をつくる骨材が屋根や壁を介した熱の移動を防いでくれます。

ただ、こうした機能性塗料はただ施せばいいというものではなく、既存住宅の状態にあったものを選ばないとその性能は十分に発揮されません。たとえば、遮熱塗料は夏の暑さを軽減して冷房効果を高めてくれますが、冬は冷たい空気だけが室内に伝わるため断熱材との併用が必須。築年数の古い住宅は断熱材が入っていなかったり劣化していたりすることが多いので注意が必要です。

 

満足のいく外装リフォームは、メンテナンスの適切な時期も含めて住まいの状態に合ったベストな提案をしてくれるリフォーム会社を選ぶことからはじまります。塗装業者などによる飛び込み営業の誘いや価格、デザインに偏った判断は禁物です。会社のホームページなどで外装リフォームの実績やバリエーションをチェックすると、得意分野や施工力が見えてくる場合も多いのでしっかりチェックして納得できる相手を選びましょう。


問合わせ