施工事例

外壁工事 O様邸

2019.10.11


 

住宅の外構でよく見られるブロック塀は、雨水などによって経年劣化します。

また、植込みをされている場合は、植物の根が成長しブロックに亀裂が入ってしまう場合もあります。

ブロック塀の耐用年数は約30年と言われているため、築30年前後経過しているブロック塀がある場合はメンテナンスが必要になります。

中木を伐採します。

補強金物を取り付け、頑丈にします。

コンクリートで植込み部分をなくしました。

最後に塗装を施して、完成です。

ブロック塀を良好な状態で長く持たせるためには、日頃のお手入れや定期的なメンテナンスが大切になります。また、化粧ブロックの場合、防水剤などを塗布しブロックに雨水がしみ込まないように工夫をするといいそうです。

 


問合わせ