あったかリフォームで快適・健康・省エネを手に入れよう新着情報一覧

あったかリフォームで快適・健康・省エネを手に入れよう

2019.09.27


暖かい住まいでイキイキとした毎日を

これからどんどん日が短くなっていき、朝晩の冷え込みもぐっと強くなっていきます。

朝、目覚めるとすでに肩が凝っている……という人は、室内の冷え込みも一因かもしれません。

そこで、冬が本番を迎える前に住まいを暖かくするリフォームを検討してはいかがでしょうか。

しっかりと断熱された住まいは、快適であるだけでなく健康長寿を支える基盤でもあるのです。

部分リフォームとフルリフォーム

住まいを暖かくするリフォームは、予算や暮らし方によっていろいろなやり方や範囲を選ぶことができます。

「健康」に着目する場合、温度差が激しく体への影響が大きい浴室や脱衣室を集中的に行う方法が考えられます。

ユニットバスを断熱性の高いものに交換し、脱衣室に暖房を導入するだけでも入浴時の負担を減らすことが可能になります。

さらに、寝室を暖かくすることができれば、起床時の血圧上昇を緩和することにつながります。

しかし、部分的に暖かくしても部屋同士や部屋と廊下との温度差が激しいままでは安全とはいえません。

快適性の観点からも、一軒丸ごとフルリフォームが理想的なのは言うまでもないことです。

家の断熱性をアップする方法とは

家全体の断熱性能を上げるためには、屋根や床下、壁に断熱材を充填する方法が有効です。

また、熱がもっとも逃げやすいのはアルミサッシの枠やガラス面なので、複層ガラスの樹脂系サッシに交換するのが理想です。

サッシ交換ができないマンションでは、既存サッシの内側にインナーサッシを取り付けることで解決できます。

一戸建てでも、インナーサッシの施工なら交換より工事期間が短く、負担を軽くできるというメリットがあります。

断熱リフォームと同時にリビングやキッチンで足元からじんわりと暖める床暖房の設置ができれば、冬の過ごしやすさは格段に向上します。

いつやるべきか?消費増税との関係を考慮して

いざリフォームを、と思ってもなかなか重い腰が上がらない……という人は、今がいいタイミングかもしれません。

2019年10月から消費税が10%に上がることが本決まりとなり、その影響を避けようとリフォーム業界でも駆け込み需要が高まることが予想されるからです。

やりたいリフォーム内容に合わせた会社選びを

リフォーム会社は、設備交換といった部分リフォームが得意なところや、フルリフォームの実績の多いところなどそれぞれに特徴があるので、しっかり情報収集をして自分が望むリフォームをかなえてくれる会社を見極めましょう。

 


問合わせ