外気の影響を防ぐ!室内の快適性を高める高断熱・高気密住宅
新着情報一覧

外気の影響を防ぐ!室内の快適性を高める高断熱・高気密住宅


2021.04.23

 

新時代のエコ住宅として大きな注目を集めているのが外気の影響を最小限に抑える高断熱・高気密住宅です。

ハウスメーカーのパンフレットや住宅展示場でも見かける機会の多い高断熱・高気密住宅ですが、

名前を聞いたことはあっても具体的にどんなものなのかは

よくわからないという人も多くメリットについても知られていません。

高断熱・高気密住宅とは一体どのような住宅なのでしょうか。

今回は、高断熱・高気密の特徴と注意点を紹介します。

 

高断熱・高気密住宅とは

高断熱・高気密住宅とは、優れた断熱性と気密性を持つ住宅のことです。

高断熱・高気密住宅の特徴は「外気からの影響を受けにくく一定の室内環境を保てる」ことです。

住宅は壁により外気と室内を区切っていますが、壁を伝わる温度の影響は避けられません。

断熱性や気密性が低い住宅だと室内は夏暑く冬寒くなってしまいます。

高断熱・高気密住宅では断熱材を増やしたり隙間をなくしたり

外気の影響を最小限に防ぐことで一定の環境を維持します。

夏の暑さや冬の寒さも室内への影響を極力抑えられるので暮らしやすい快適な環境が実現します。

 

高断熱・高気密のメリット

高断熱・高気密住宅のメリットは、快適な温度維持にかかるコストを削減できることです。

住宅内の快適な気温を守るためにはエアコンを始めとする空調設備やストーブなどの暖房設備が必須です。

真夏や真冬の暑さ寒さが最も厳しい時期になると

室内気温が快適性だけでなく安全性の面からも室内気温の管理が欠かせません。

室内の温度をコントロールするにはエアコンの電気代やストーブの灯油代などコストがかかります。

暑い部屋を涼しく、寒い部屋を暖かくすればするほどコストはかさみますが、

外気の影響を受けにくく室内温度が一定水準に保たれやすい

高断熱・高気密住宅なら温度管理にかかるコストを大幅に節約できます。

温度変化が少ないため気温差で体に大きな負担がかかるヒートショックも予防できます。

気温以外のメリットとして防音性の高さが挙げられます。

音漏れが少ないので音が外に響きにくく騒音トラブルの防止につながります。

 

高断熱・高気密の注意点

高断熱・高気密住宅は普通の住宅よりもコストがかかります。

節約できる光熱費などを考慮すれば十分元が取れますが、

もともと気候が安定している地域ほどメリットが少なくなるので注意してください。
室内の空気が乾燥しやすい点には注意が必要です。

乾燥に伴い内部結露が起きることもあるので換気や通気を考慮する必要があります。

 

まとめ

高断熱・高気密住宅は新時代にふさわしい未来の住宅です。

快適な室内で暮らせる高断熱・高気密住宅で毎日を健やかに過ごしましょう。

大阪市東淀川区でリフォームなら有限会社谷垣工務店にお任せ下さい。


会社名:有限会社谷垣工務店

住所:〒533-0015 大阪府大阪市東淀川区大隅2-7-35

TEL:06-6195-6408 
FAX:06-6195-6418

営業時間:8:00~19:00

対応エリア:東淀川を中心に大阪全域 その他の地域の方もご相談下さい。

業務内容:内装リフォーム・水周りリフォーム・エクステリア・屋根・外壁・太陽光・新築・増改築・耐震・店舗改装
その他の建設業全般に対応しております。お住まいの事なら、お気軽にお問い合わせください。

問合わせ